Month: May 2007

news

怪物王女:作品紹介&キャストコメント

──命の恩人は、怪物の姫だった!不慮の事故によって、命を失ったヒロ。謎の少女「姫」から、ある力を授かることによって、ヒロは死から生還する。しかし、不思議な力によって死から蘇った少年には、炎の戦士としての戦いが待っていた。姫は、怪物と呼ばれる異形の者たちを統べる王族の一員であったのだ。王位をめぐる、血を分けた兄弟姉妹による激闘の嵐。策謀と憎悪の渦に、姫とその炎の戦士は飲み込まれていく。 <キャストコメント>演じられるキャラクターの紹介と1話の感想をお聞かせください。姫 役:川澄綾子さんすべての異形のモノたちの上に君臨する王の娘ということで怪物王女なんですが、「姫と呼ぶがよい」と言うくらいで「全てのモノが自分の下」というのが当たり前で、物凄い自信を持っているんですが日郎が「あんな女の子がどうして?」と思うくらいの華奢な感じとか美しさを持っていてそのギャップが面白いキャラクターです。1話目ということで姫と日郎が出会うお話なんですが今日はずっと「もっと偉そうに」と言われ続け(笑)、これから先が楽しみです。 ヒロ 役:大浦冬華さん自分の事よりも相手の事を思いやってあげられるやさしい子で姫を助けに入ってしまったがために僕(しもべ)になってしいました。1話目にして死ぬというのもなかなか体験できることではないですし、今までやったことのないお話なので楽しみにしています。この先、日郎はどんどん「いじめられていく度」が増していくというお話を伺ったので、どういう風に姫やフランドル達にいじられていくのか不安ながら楽しみにしています。 紗和々 役:皆口裕子さん紗和々はマイペースでおっとりしていて姫とは逆で感情を表に出さないように、嫌な感じにならないようにやっていきたいと思っています。今日は1話目の収録で初めて皆さんとご一緒して和やかな感じで楽しくできたんじゃないかなと思います。 フランドル 役:河原木志穂さん姫に仕えている人造人間です。立ち位置としては「●●くん」で言う…、内緒です(一同笑)フランドルの台詞は「ふが」しかないんですが、それが凄く難しくて1話が終わっても全く掴めず、これから不安で一杯です(笑)が一生懸命やっていきたいと思います。 迫井政行監督絵を作っていて「この絵にどんな声が付くんだ?」というのをアフレコをするまで凄く楽しみにしていました。実際アフレコをしてみて「イメージ通りでぴったりで素晴らしい」と思いました。ただフランドル役の河原木さんには大変酷な注文を何度もしてしまったかなと思ったんですが最後の方はイメージに近づいてきました。これから他のキャラクーも出てきてテンションも高くなっていくと思いますのでキャストの方も楽しみながらやっていけるように絵の方も頑張りたいと改めて思いました。キャラクターの見せ方のポイントは?迫井監督姫は誰から見てもミステリアスな部分を残していて、言っていることも高みからしゃべっているので理屈を超えていて普通の人には「何を言っているのか分からない」、そういった超越した存在というところを注意しています。

news

作品紹介:鬼公子炎魔

永井豪原作の人気漫画&アニメ「ドロロンえん魔くん」が本格ホラー「鬼公子炎魔(きこうしえんま)」となって2006年8月25日OVAで登場するぞ!そして今回、永井豪先生を含むスタッフ&キャスト総勢31人が集合し「鬼公子炎魔」のヒット祈願とお祓い!? が鬼子母神で行われ永井先生、神戸監督、そしてキャストから作品についてのコメントが到着したのでご紹介するぞ!<Point!>● 「えん魔くん」の人気キャラクターが妖艶でアダルトタッチのデザインでよみがえる!● 「呪怨」「輪廻」のようなJホラー作品。エロティックでグロテスクな映像美は必見!● 恐怖をより喚起させる5.1chサウンド!<キャラクター>画像クリックで拡大炎魔(CV:徳本恭敏)炎を化生とした「魔」。魔界より逃げ出した「魔」を狩るために人間界にやってきた。人間界では探偵をしている。 雪鬼姫(CV:千葉紗子)氷を化生とした「魔」。雪女族のお姫様で炎魔のパートナー。炎魔探偵事務所で炎魔のアシスタントをしている。 カパエル(CV:佐藤せつじ)河童の妖怪。炎魔探偵事務所の情報収集屋。人間界に一番馴染んでおり、キャバクラでバイトしている。 シャポ爺(CV:長島雄一)炎魔の頭の上にいる帽子型の老妖怪。地獄界の生き字引的存在。<スタッフコメント>「鬼公子炎魔」OVA化にあたって永井30年近い昔「ドロロンえん魔くん」という漫画・アニメがあったんですけど、 えん魔くんはとてもわんぱくで面白い主人公だったので、彼が成長して大人になったらどうなるんだろう?また、戦い方も昔と比べるとハードになっているだろうから面白そうだな!というところから今回の「鬼公子炎魔」の企画が始まりました。あの時のえん魔くんは小学校低学年という設定だったんですけれど、ハイティーンの年頃になったらどんな顔になってるんだろうと考えたりもしてたんですけど、「鬼公子炎魔」の設定を見たら元の顔よりずっとハンサムになっていました。  今、「マガジンZ」で「鬼公子炎魔」の漫画版(「鬼公子炎魔-雷帝地獄変・序章-」)を短連載しているのですが、当初のメンバーをどのように登場させようかというのは試行錯誤しました。漫画とアニメは設定も多少異なっていますが、それはそれで何通りかの炎魔の活躍が見られればいいなと思い、楽しみにしています。

news

Romeo×Juliet キャストコメント

演じられるキャラクターのご紹介をお願いします。水島大宙さん(ロミオ)「ロミオとジュリエット」という作品は説明する必要も無いくらいあまりにも有名なんですけど、ロミオはネオ・ヴェローネを支配している大公モンタギューの息子です。 水沢史絵さん(ジュリエット)ジュリエットはヴェローナの前の大公の娘でお姫様なんですが16年間お姫様ということを知らずに男の子として育てられてきた女の子です。「赤い旋風」として悪い奴らをバッタバッタとなぎ倒していきます。 松来未祐さん(コーディリア)ジュリエットのお姉さん的存在で、今のところはお姉さんとお母さんを兼ねている感じです。コーディリアも昔の事件で自分の親を亡くしていて、ジュリエットと同じような境遇なんですが、そういう所を出さず気丈に振る舞っている姐御肌の女性です。 立花慎之介さん(ペンヴォーリオ)ロミオの親友で、たいていはロミオと一緒にいて影からサポートしたり相談に乗ってあげたりしています。お兄さんというよりは親友です。僕の中では「ロミオ×ジュリエット」の中では萌えキャラだと思っています(笑) 広橋涼さん(アントニオ)ジュリエットをお守りしているコンラッドの孫です。ジュリエットの事を完璧に男だと思っていてジュリエットの弟というか友達みたいに育ってきた元気いっぱいの男の子です。 井上和彦さん(ウィリアム・シェイクスピア)シェイクスピアというと「ロミオとジュリエット」を書いた人なんですが、この「ロミオ×ジュリエット」に登場してきます。そしてなぜかお姉語でずっと喋っています(笑)作品中では皆シリアスなお芝居をしているのですがシェイクスピアだけ浮いています、浮きキャラなのよ(一同笑) 川澄綾子さん(エミリア)ウィリアムの所の舞台女優です。エミリアもジュリエットのことをジュリエットとしてでは無くオーディンという男の子だと思い込んでいます。シリアスなお話が多い中でウィリアムとのボケツッコミみたいな感じなんですが、これからどう悲劇に絡んでいけるのか不安です。辛いときにでも呼んでいただけたら和んでいただけるんじゃないでしょうか。 藤原啓治さん(ランスロット)正義感溢れる医者の役です。赤い旋風が調達してきた食料を独り占めせずに(笑)町の人達に配る正直者です。 柿原徹也さん(マキューシオ)原作通りマキューシオというキャラクターが出てきてくれて嬉しいです。原作ではロミオの親友で、ロミオの事を身を挺して守って刺し殺されてしまう役なんですが、今回は……(笑)。頑張ります! 演じられてみての感想をお聞かせ下さい。水島さんロミオは、父の統治の仕方を良く思っていない所が強くて、それに対して正義感とか反発心を持って物語が始まる、と思っていたんですが、最初のうちは「ちょっと良くない」と思っている程度で何が出来るという訳ではなく「緩い貴族のボンボン」という感じで始まります。話の展開が速く、この取材の時点では、ジュリエットと出会い、お互いに名を交わしあい、惚れ合ってしまうところまで進んでいますが、ロミオ的にはまだ「あ~、ジュリエットに会いたいな~」という思慕の念ばかりです。

news

作品紹介:陰からマモル アフレコインタビュー

前列左より私市淳さん、阿智太郎先生、中原麻衣さん後列左より小島幸子さん、新谷良子さん、古川絵里奈さん、伊藤美紀さん演じられるキャラクターについてお聞かせください。 伊藤マモルの母の桜子をやっています。アフレコが2回終わったのですが楽しい番組です。私も忍者役なので忍者になる日を楽しみにしてカッコ良い場面がたくさんあると良いなと思っています。 中原ゆうなは良く言うとすごい天然でカワイイ女の子なんですけど、悪く言うと度が過ぎたボンヤリさんみたいな(一同笑)。大丈夫かなって思いましたが、がんばって演じております。 私市紺若さん家を守り続けて400年。紺若さん家を守という役で、作品の中ではゆうなの天然な所を守るのがそろそろアキアキしているのかなと思いながらも、でも「守らなきゃいけないからがんばるよ」という建前の中で実は好きなのかなという感じで守り続けているみたいです(笑)。 古川雲隠ホタルはまだ出てきていない(取材時第2話収録)のになぜここ(アフレコスタジオ)にいるんだろう?という感じなんですけども、しかし喋っていますので古川探しをしてみるのも面白いかなと思います。ホタル自体はまだ出てきていないのでコメントしづらいのですが、私のようなオットリとした(笑、隣の新谷さんから軽い突っ込みが)風にできたらいいなと思っています。 新谷愛里はつり目です。あまり忍者とは関係のない所にいるんですが、マモル君を陰ながら好き、かもしれないし好きじゃないかもしれないけど好きかもしれない(笑)ので早いとこマモルがゆうなに飽きてくれるのを待っています。ただ、ゆうなのことも本当に好きなので3人でいるシーンなど私も好きなので今後どうなっていくかすごく楽しみにしています。 小島真双津椿役の小島幸子です。まず名前が読めなくてですね(笑)、そして女剣士なんですけども「斬瀬羅満狗剣」(ざんせらみっくけん)という剣を持っているのですがそれも読めませんでした(笑)。マモルとゆうなに翻弄されながら高校生活を女剣士として送っていくんではないかなとこれからが楽しみな感じです。 収録の感想と、ここが面白いというところを教えてください。 阿智面白かったです。担当さんも一緒にいたんですが「声優さんってすごいね」と関心して話してました。原作ではあまり細かいところまで書かない方なので「あんなに手裏剣が飛んでのか(笑)」とか思いながら見ていました。 伊藤桜子はあっけらかんとした明るいお母さんなので非常に気持ちが楽で、あんまり周りのことを気にしないで自分のペースでやっています。それがうまく出てお母さんの性格にのってくれるといいなと思っています。一番最初に音響監督さんの方からは、とにかく楽しい番組にしたということだったので、戦ったりと色々ありますが基本は楽しくということでみんなと楽しく作っていきたいと思っています。

news

MANGAZOO:「ウィッチブレイド」DVD第1巻 7月26日発売決定!

現在CBC・TBSにて好評放送中の「ウィッチブレイド」。その「ウィッチブレイド」のDVD第1巻の発売日が早くも決定したぞ! 今回発売されるDVDにはテレビでは見られなかった女性キャラの “超絶セクシー”な素肌が見られるオリジナル解禁版を完全収録するほか初回生産分の特典として「キャラクターデザイン・うのまこと描き下ろしアウターケース(雅音ウィッチブレイド発動態)」「ウィッチブレイド設定資料集?」が付いてくる。 映像特典は「キャストインタビュー(天羽雅音役:能登麻美子)」「ノンクレジットOP・ED」「プロモーション映像」を収録。 商品名 :ウィッチブレイド Vol.1品  番:GDDS-1121発売日 :2006年7月26日(水)価  格:¥6,930(税込) ※2巻目以降¥7,980(税込)収録話数:第1話「始」 第2話「惑」 第3話「抗」商品仕様:カラー/約80分(3話収録+映像特典)/ドルビーデジタル(ステレオ)/片面2層/本編 16:9レターボックス(スクイーズ収録)特典 4:3スタンダード ウィッチブレイド

View More