Month: September 2003

news

MANGAZOO:千年女優の今敏が初のTVアニメに挑む!!

千年女優の今敏が初のTVアニメに挑む!!“世界が認めた才能”を持つ今敏が初めて挑むテレビアニメシリーズ!!「パーフェクトブルー」でデビューをし、第二作の「千年女優」は全米公開が始まっている。ハリウッドのスクリーニングでは地元紙から来年二月のアカデミー賞ノミネートが期待されていると評を受けている。そんな今敏のオリジナルアニメ「妄想代理人」がwowowで2004年2月から放送予定だ。 ●STORY東京・武蔵野市で発生した通り魔事件。被害者の不明瞭な供述から、周囲の人は本人の自作自演だと疑う。しかし、程なくして第二の被害者が出て事件は一変。犯人像として浮かび上がった「金色のバットを持ちローラープレートを履いた少年」は、やがて”少年バット”として、事件を取り巻く人たちを次々と襲っていく。”少年バット”とはいったい何者なのか?そして、次なる標的は・・・・? ●11/30(日)の無料放送日には特番があるのでお忘れなく!! 23:50~24:00(2003/09/26 18:43)

news

MANGAZOO:GAINAX 吉祥寺ブックスルーエでミニ・フェア

GAINAX 吉祥寺ブックスルーエでミニ・フェア吉祥寺のブックスルーエでガイナックスのミニ・フェアが開催。今回の展示の中心は、新しいジクレー版画「ふしぎの海のナディア」とゲーム「星界の戦旗」の二つ。その高度な表現力で注目を集めるジクレー版画。今回のナディアは今まで人目に触れることが少なかった作品です。9月26日発売のゲーム「星界の戦旗」の展示は、ゲーム画面だけでなく、勢揃いしたキャラクターや戦艦、そしてここでだけ公開の絵もあって、こちらも見逃せません。2階売り場では、ジクレー版画やゲームの予約だけでなく、星界シリーズのグッズや原作本も販売しています。エヴァやフリクリ、まほろまてぃっくの原画集等も好評販売中。また、イベントと通販のみの販売の「まほろDEメール」もこちらでだけ店頭販売中。(2003/09/24 14:38)

news

MANGAZOO:鉄人28号」来年実写で映画化

鉄人28号」来年実写で映画化先日、キャシャーンの実写版の情報をMZで紹介したが、今度の実写は鉄人28号だ!!昭和30年代に子供たちを熱狂させたロボットのヒーロー「鉄人28号」が実写で初めて映画化されることになった。 実写版、鉄人28号の身長は20メートル!!敵役・ブラックオックスとの対戦シーンはCGを駆使して描き、製作費は10億円。来秋以降公開予定。 物語を紹介すると、原作は日本軍の秘密兵器として開発された巨大ロボット・鉄人28号を少年・金田正太郎がリモコン操作して、悪者たちと戦う物語。映画版は舞台を現代の東京に設定し、バイオコンピューターで理想郷を作ろうとする悪の総帥「ゼロ」に、正太郎が鉄人を操作して立ち向かう姿を描いている。 ★映画化が決定している“懐かしの”ヒーロー★タイトル           主演     監督   公開「キューティー・ハニー」・・・佐藤江梨子・庵野 秀明・来 年「新造人間 キャシャーン」・・・伊勢谷友介・紀里谷和明・来 年「忍者 ハットリくん」・・・香取 慎吾・鈴木 雅之・来年夏※ほかに「デビルマン」実写化の企画もある (2003/09/19 15:48)

news

MANGAZOO:新造人間キャシャーンが実写映画化。

新造人間キャシャーンが実写映画化。1973年にTV放送されたタツノコプロのアニメ「新造人間キャシャーン」が、来年公開目指して実写映画化決定。タツノコプロの数ある代表作品の中でもコアなファンの多いこの作品。知らない人のために、少しご紹介。 ストーリーは、主人公である鉄也の父・東博士(ロボット工学の権威)は、地球環境悪化のため、優秀な電子頭脳と強力な力を持ち、他のロボットを使って働くことができる公害処理用アンドロイドBK1号を造り出した。しかし落雷により自我に目覚めたBK1号は、人間の命令に服従することなく人間支配を目的として動き始め、自ら「ブライキングボス」と名のり、アンドロイド軍団を指揮して、人類征服に立ち上がる。鉄也はアンドロイド軍団と対決するため、父にアンドロイドへの改造を希望し、ネオロイド「新造人間キャシャーン」として生まれかわる。そして、鉄也とブライキングボスとの戦いが始まる。「たったひとつの命を捨てて、生まれ変わった不死身の体。鉄の悪魔を叩いて砕く、キャシャーンがやらねば誰がやる!」納谷悟郎のナレーションはこのアニメを見た者の心に強く焼きつく。 今回の映画化において世間の注目はやはり、監督が宇多田ヒカルの夫で写真家の紀里谷和明氏であることだろう。 来年公開を目指して遂行中のこの作品。実写になった時に、どんな映画になるのか楽しみだ。

View More